1. 介護事業開業サポートセンター TOP
  2. 介護事業様向けおすすめ助成金一覧
  3. 試行雇用奨励金

試行雇用奨励金

どのような助成金・・・?

- 就職・再就職の支援が必要な方や就職が困難な方を雇い入れる場合に受給できます -

助成金概要

職業経験、技能、知識等から就職が困難な特定の求職者を、ハローワークからの紹介により一定期間試行的(トライアル雇用)に雇用した場合に支給されます。

トライアル雇用とは、会社が、ハローワークの紹介により以下の①~⑦に該当する人を短期間(最長3か月間)試行的に雇い入れ、その間に、その人の適性や業務遂行能力等を見極め、その後、本採用するかどうかを決めることが出来る制度です。


対象労働者(ハローワークを通じてトライアル雇用の求人による)

  1. 45歳以上の中高年齢者(原則として、雇用保険受給資格者であるか、被保険者資格喪失日前1年間に6カ月以上被保険者期間があること)
  2. 45歳未満の若年者等
  3. 母子家庭の母等
  4. 季節労働者(指定地域・指定業種に限定)
  5. 中国残留邦人等永住帰国者
  6. 障害者
  7. 日雇労働者・住居喪失不安定就労者・ホームレス

いくらもらえるの・・・?

給付内容

対象 支給額
対象労働者1人につき 月額4万円(最大3ヶ月)

どうしたらもらえる・・・?

以下の全てに該当する事業主であることが必要です。

  • 雇用保険の適用事業主であること(労働者の雇入れ後、適用事業所となること)
  • 雇い入れ開始後、雇い入れ期間中に実施する指導、訓練や常用雇用へ移行のための要件等を記載した実施計画書を本人の同意を得た上、ハローワークに提出すること
  • 雇い入れ期間中、業務遂行に必要な指導の他、必要に応じて、事業所内での研修、専修学校等の外部の教育機関での訓練等、対象労働者の能力開発を行うこと
  • 過去3年以内に雇用したことがある者を再び雇用するものでないこと

ワンポイントアドバイス

試行雇用の期間が3カ月と短く、トライアル雇用後の本採用が義務付けられていないため、比較的活用し易い奨励金です。ハローワークへ求人票を提出する際に、試行雇用(トライアル雇用)奨励金対象の求人を希望する旨を伝えることが必要です。

お問い合わせ・ご相談はこちらから このページの先頭に戻る
このページの先頭に戻る
介護事業開業サポートセンター
お問い合わせ・ご相談はこちらから

Copyright(C)2012 アステージ 社労士・行政書士事務所 All Rights Reserved. ホームページ制作:MOYORIC DESIGN

介護事業の開業・立ち上げならお任せ下さい。会社設立・指定申請から助成金、開業後の運営まで / 大阪・神戸・兵庫